パソコン内部のパーツを個々に紐解くなかで、マザーボードの存在は大きいという表現がまず第一にあてはピタリとあてはまるのではないでしょうか。マザーボードは、パソコンを構成するパーツのなかでも最も大きいとされる要素として知られております。マザーボードはパソコンを組み立てるための土台とされ、パソコンの中枢パーツとも言われるCPU、メモリ、ハードディスクなどを取り付けるための基板とされています。

マザーボードの構成や配置の違いによって、パソコンの高速化や小型化に大きく反映されているようなのです。さらにはマザーボードに定められた規格化によってパソコン本体の低コスト化にもつながっているようなのです。マザーボードの規格化が行われる以前では、各メーカーによってマザーボードの仕様には拡張性などがみられなかったようなのです。